HOME
  • 文字サイズ
保険医協会とは

福岡県保険医協会は、「保険医の経営と生活を守る」ことと、「国民(保険)医療の充実・向上を図る」ことを目的に活動しています。
また、会員が安心して医療に専念できるように保険点数や審査・指導、税務・労務管理などの日常的な電話相談をはじめ、各種研究会、講習会などの開催、迅速な情報の提供など経営を側面から支える活動を行っています。
昭和42年に設立、同49年には歯科が独立し、現在では、福岡県保険医協会(2,520名)と福岡県歯科保険医協会(1,830名)の2つの大きな組織に成長しました。

会長よりごあいさつ

福岡県保険医協会は1967年、僅か100名足らずの有志により産声を上げました。これは、国民皆保険制度発足から僅か6年後のことでした。今では、県下の開業医3人に2人が加入し、会員数2,500名に成長しました。勿論、大勢の勤務医の皆さんにもご好評頂いています。また、同じフロアには歯科保険医協会の事務所も入り、まさに、垣根を越えた保険医の任意団体です。

我が国は世界に冠たる国民皆保険制度を誇り、WHOも認めた健康長寿堂々第一位の国です。この制度により、何時でも、何処でも、誰でも、保険証一枚で医療にアクセス出来ます。皆保険制度の維持・発展は、誰もが願う安心な暮らしの根幹です。

しかし昨今、制度を担う保険医は、日夜重い責任を一身に背負い、孤独で過酷な毎日を送っています。「燃え尽き症候群」や「立ち去り型サボタージュ」などのフレーズも登場しました。本来、最もやり甲斐のある職業の一つである医師が、元気を失っては国家の損失です。協会は、一人一人の保険医が自信と誇りを取り戻し、天職である医業に安心して専念出切るよう、様々な方面から全力でサポート致します。

是非、保険医協会にご入会下さい。大勢の仲間がお待ちしています。

会長 鷺坂 英輝

▲ページの上部へ戻る